2016年12月31日土曜日

2016年もお世話になりました

2016年もみなさまに支えられ、大晦日を迎えることができました。
大変お世話になりました。
ありがとうございました!

引越し荷造りをしていたら、具合が悪くなってしまい、休憩がてら2017年のほぼ日手帳に、ふんふふん♪ と書き込みをしていました。

ついでに、さらりと今年を振り返ってみたら、Kill me Dance!なんて、去年やったみたいな気持ちになってたんで驚きました。
あれ、今年か。


2016年、劇団可燃物は「Kill me Dance!~リサイクル2016~」と「まよなかの くさりは べっこうの すいかずら」
二本。
午後から雨になるでしょうの恒例朗読公演「クライマガコ、涼暮月」に出させていただきました。

もっとも辛くて大変だったのは、圧倒的に「Kill me~」。
今後、コレ以上に辛いことなどないような気がします(笑)
不安すぎて、情緒がおかしくなりました。
稽古帰りの夜道で、なにもないのに涙がこぼれてくるなど、異常事態も発生しました(笑)
ハード過ぎて、体力がアホほどつきました。

そして、とっても幸せな公演になりました。
細かいことはすでに忘れてしまっていますが(笑)
ワタシの中で一生忘れられない役になりました。

ご来場くださったみなさま、ありがとうございました。



そのあと「クライマガコ」。
羽鳥とは、すっごいたくさん共演しているのに、改めて仲良くなりました(笑)
あんなにはしゃいでいる羽鳥を見たのははじめてだ。
というシーンにもめぐりあいました。

「コタツタイムマシーン」ではゆたくんと共演し、朗読なのにおもいっきり一行読み飛ばすという衝撃的な楽日。
最後の最後で、しかも読み始め早々の事件に笑いを堪えた自分を褒めたいです。
エリさん、好きー。

ワタシがメインで読んだ「柔らかい雨」は、ゴゴアメ朗読初の再演で、「初演を超えることはできないと思う」という衝撃的な演出家さんの発言に衝撃すぎて笑ってしまいました。

ぜってーこえる

と、その時は思った気がしますが、結局そんなことは稽古中に忘れていました。
かわいいお話で、難しかったけど、ひとつ何かが見えたような気がする作品になりました。

ご来場くださったみなさま、ありがとうございました。





そして、記憶に新しい劇団可燃物の初挑戦がたっくさん詰まった「まよなの~」。

ワタシがこの役を頂いたからには、ワタシにしか出来ない感じのやつにしよーぜ!
ということを、ほんのり決めていました。

お稽古で、ふざけて、しかしながら超絶真剣にエアー大剣で登場し(当たり前ですが、武器が決まっていなかったので各々自分が思う武器を想定して稽古をしていました)、稽古場がざわついたときに、目標は達成したような気がしたとか、しなかったとか。

あそこでアレをやった自分を褒めたいです。
自画自賛。
年末だもの! 大目に見てよね!
ご覧になったお客様、ステキな反応ありがとうございました。
笑いの中、あり得ないくらい(当社比)格好つけて登場するの、面白かったです。
真顔で、ヘカテッチョゴーランドに乗るのも面白かったです。
ただのスクワットですけどね!

ご来場くださったみなさま、ありがとうございました。




本当にありがとうございました。
また来年も、楽しい舞台を作ることでお礼をさせていただきたいと思っております。

お客様、応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。
また劇場でお会い出来ますように!

スタッフさん、仲間たち、ありがとうございました。
一緒に面白いこと、やりましょう!

2017年も劇団可燃物および、アサクラをどうぞご贔屓にしてくださいますようお願い申し上げます!
心からの感謝と愛を。
よいお年をお迎えください。

2016年12月10日土曜日

スコープ展と獺祭

先日、大先輩たちと呑んだ際に、展示会に行くときとか誘って!!

と、強い要望を受けた気がしたので、Scorp展にお誘いしてみたところ、是非にということでお連れして行ってきました。


写り込みが激しい写真を撮って、入館? 入店? 入廊?

11月の展示に行けなかったので、夏頃、中野でやった展示会場で作家さんとお話した「本当は四部作」を見逃してしまったことにショック!
現代アートは一期一会…。
見逃せば、もう二度と実物を拝見することができないのであるよ。
舞台も同じだけどね。

今回も無限が夢幻の素晴らしく幻想的な世界に没入。
大先輩(あやさんとタキさん)も、めいいっぱい楽しんでくれてよかった…。

それにしても、駅で会った瞬間からあやさんのテンションの高さは異常だった。
みんな、遊びに誘ってあげてください(笑)

この大先輩方は日本酒がお好き。
電車で待ち合わせに向かっている時に

「獺祭バーなるものがあるよ」

と、去年のゴゴアメ朗読公演でワタシが読んだ「はるばるや」のヒグラシ(あすかたんが読んだ役)口調でメールをしてきたので、スガタ(ワタシの役)として返信しました。

割とこういうごっご遊び的なことは、友人ともよくやるのですが、相手がそのホンを書いた作家なので、ちょこっと緊張した……言われないだろうけど、
「スガタのこと何にも分かってなかったんだね」とか言われたら、かなしいから。

無事、観終わったあと、獺祭バーへ向かった我々。
そして、まさかのチャージ1000円に衝撃を受ける我々。



一杯だけスパークリングをいただき、お土産を買って即行退散。
強気だわー。

他のお客さんは豪勢に楽しんでましたが、画廊へ行く道すがら目をつけていたステキなお店に即移動。



美味しい野菜と日本酒でしっぽり…な店で賑やかに、たのしい時間を過ごしました。
また行きたいなー。

あと、みんなでまたいつものお店にも行きたいなー。
良い一日をあざした!

おみやげに買った獺祭スパークリング、いつ呑もうかな。